【LEDシーリングライト一体型空気清浄機 FP-AT3】足元ひろびろ!明るく清々しい快適空間を。

製品.jpg

FP-AT3は、空気清浄機を搭載した多機能型のLEDシーリングライトです。シーリングファンを搭載した多機能型のLEDシーリングライトの製品は、既に多くの製品が販売されています。


天井取付の高さは大丈夫か?


しかし、空気清浄機を照明とプラズマ空気清浄機を一体型にした製品は、極めて珍しい製品になります。空気清浄機を床に置くと何かとスペースをとりますが、天井に設置すると場所の有効活用ができます。空気清浄機の機能が負荷されても高さが19.2センチメートルとコンパクトな設計になっていますので、実用性が高い寸法になります。


一体型プラズマ空気清浄機の騒音レベルは?


シーリングライトなどの照明は、リビングの天井に取付けるケースが多いと思います。このFP-AT3のプラズマ空気清浄機は、一体型になって便利です。しかしながら、リビングの天井に設置する関係で、騒音が気になります。この空気清浄機の機能の騒音値は45デシベルとなっています。騒音レベルは、普通であり、日常生活で望ましい範囲になります。具体的な数値としては、50デシベルがエアコンの室外機・静かな事務所と40デシベルの静かな住宅地・深夜の市内・図書館の間になります。なお、天井から床面に座った高さまでで5デシベル弱くなるので、45デシベルの騒音が耳に入る時には40デシベルとなり静かな住宅地・深夜の市内・図書館の環境相当であり、静かといえます。


空気清浄機フィルタ交換時期の目安


FP-AT3は、照明と一体型のプラズマ空気清浄機になります、照明はLEDであり寿命が長いために天井に取付けてもLEDライトの交換の心配がありません。しかしながら、空気清浄機のフィルタの交換は、どの程度で必要でしょうか?使い方にもよりますが、フィルタの交換は、2年が目安になります。このフィルタは、表側にプレフィルターがあり、次に脱臭フィルターと一体型の静電HEPAフィルターの構造になっています。


電気料金は?


天井取付け型のFP-AT3は、照明とプラズマ空気清浄機が一体型であり省スペースで便利と思います。気になるのが一体型での電気料金になります。特に、空気清浄機側の電気料金になります。空気清浄機を最大強度で動作させた場合の電気使用量は、1時間につき0.73円になります。1日中空気清浄機を動作させた場合は、18円になります。また、LED照明と空気清浄機を同時に動作させた場合は、1時間につき2.03円になります。


⇒ 楽天で購入するならこちら




この記事へのコメント